【SM調教プレイのやり方】女を開発して思いのままにする方法とは

セックステクニック・調教

男として生まれてきたからには、女を自分の思うがままに調教したい。

自分の思い通りになる女を作りたい。

そう思うのは当然のことです。

そして、そのようにする一番簡単な方法がSM調教です。

SM調教と聞くとどうしても敷居が高く感じてしまいますが、そんなことはありません。

やり方さえ分かっていれば、誰でも簡単に行えます。

しかし、やり方が分からないままSM調教しようとしても女性にそれが伝わってしまうと正しく調教はできません。

むしろ、「この人は経験がないんだな」と思われて不安に感じさせてしまうこともあります。

そのためSM調教をこれからしようと考えている人は、必ず予習してから臨むようにしましょう。

そうすることで、あなたの思い通りの女性を作り上げることができます。

 

SM調教プレイとは

SM調教をするためには、私たち男側がSとなってMの女を調教していくことになります。

男が女を責めるというのは皆さんも知っていると思いますが、具体的にはどのようにしていくのか分からない人も多いでしょう。

「調教する、責める=セックスで激しくする」ではありません。

そのため、ただ単にペニスを挿入時に激しく突き上げたり、手マンをガシガシと強くするのがSM調教ではないことをしっかりと認識しておきsましょう。

これを頭の中にしっかりと入れておかないと、ただただ暴力的なセックスをするだけになってしまい、女性に嫌われるだけです。

SM調教とは女性が持っている「責められたい」という欲求をどんどん引き出してあげることを言います。

女性は潜在的に「支配されたい」という欲が秘められていますが、自分でもそれを認識していないことがほとんどです。

そのため、それを引き出してあげることがSM調教であり、そのプレイの一環として縛ったり、露出させたりというものがあります。

 

SM調教すると女は思いのままにできる?

先ほど『女性は潜在的に「支配されたい」という欲が秘められている』と説明しましたが、これはどの女性もそうなのです。

その欲が出てくるまでの理性の壁が高いか低いかの違いは大きくありますが、女性は本能的にそのような生物としてプログラムされているのです。

だからこそ、自分や周りの男より強そうなヤンチャな男に惹かれてしまうのです。

そして、この「支配されたい」という気持ちをSM調教によって引き出すことができれば、文字通りその女性を支配することができるのです。

女性は性経験によって男の価値が大きく変わります。

つまり「自分が知らない世界を教えてくれる人」という認識をされると、その女は私たちの言うことを何でも聞くようになります。

そのため正しくSM調教をすることで、自分が思い通りの女性を作り上げることができるのです。

 

SM調教の注意点

SM調教を間違ったやり方でやってしまうと、最悪な結果ではあなたとその女性の関係は終わってしまうでしょう。

そのため、守らなければならない注意点があるので、まずはプレイの方法よりもこの注意を守ることを意識してください。

 

AVの真似をしてはいけない

男性ならAVは見ますし、SM調教やハードというジャンルを見たことがあると思います。

それを見ると、ひたすら激しくペニスで突きまくったり、バイブを激しく動かしたり、首しめやビンタなどをしている動画もあるでしょう。

しかし、これらはすべて作り物です。

このようなAVは私たちの欲求を満たすために作られたものであって、出演女性の「支配されたい」という欲求を引き出すために作られたものではありません。

そのため、このAVの真似をしてただただ激しくセックスをするだけの行為は必ずやめましょう。

 

ソフトからハードに

しかし、AVで行なわれている行為がすべて間違っているわけではありません。

激しく突いたり、バイブで責めたり、首しめやビンタもSM調教の一つのプレイではあります。

しかし、大事なことはいきなりこのようなことをしてはいけないということです。

「SM調教をしてやるぞ!」と意気込むのはいいですが、女性はいきなりハードなことをされると怖がってしまいます。

それではSM調教になりません。

女性に安心感を与えたままハードなプレイを行い、未知の経験や快感を与えることがSM調教につながります。

そのためにも守るべきなのは、ソフト → ハードという流れです。

つまり、最初はソフトな内容から入り、回数を重ねることで徐々にハードなプレイに転換していくことが大事なのです。

 

SM調教の具体的なやり方

SM調教はソフトからハードに、これが基本ですので、プレイの内容も当然そのようになります。

それでは、具体的にどのようなやり方があるのか、ソフトからハードの順で紹介していきます。

最初は上の方で紹介されていることから取り組んでいきましょう。

 

目隠し

目隠しプレイはSM調教の入り口みたいなもので、ある程度信頼関係があれば断られることはないでしょう。

男性側からすると特に興奮は得られませんが、女性側は「何も見えない不安と、これから何をされるのかという興奮」を得ることができます。

また、視覚から余計な情報が入ってこないので性的な興奮に集中出来るというメリットもあります。

 

言葉責め

女性の羞恥を煽る方法として、有効的な方法が言葉責めです。

最初は「すごい濡れているよ」や「エッチな声だね」などと優しく声をかけていきましょう。

言葉責めはSM調教の初心者から玄人までが使う方法なので、その時の雰囲気や調教具合でかける言葉の強さも変わっていきます。

 

顔射、ぶっかけ

顔射やぶっかけはSM調教として認識しないまま、彼女やセフレとのプレイの一環で行っていることもあるでしょう。

しかし、精子を女性の顔に目がけて放出するという行為は女性側からすると「屈辱」な行為の一つです。

もちろん信頼関係があるからこそ出来る行為なので、いきなりやらないように注意しましょう。

 

拘束プレイ

AVでSM調教のジャンルを見ると必ずあるのが拘束プレイです。

よく赤い縄で縛られているものが正にそうです。

拘束プレイは女性が身動きができないので、男性は何でも出来る状態、女性は何をされても抵抗できない状態なのです。

そんな中でセックスやバイブ責めをすることで、強い刺激を与えることができます。

 

露出プレイ

露出プレイに関しては男性にとっても好き嫌いが分かれる行為にはなりますが、「いつ見られるかわからない」という不安が興奮に変わっていきます。

また、アブノーマルなことをしていると一番認識しやすい行為でもあるので、本格的に調教していくプレイになります。

最初は軽い露出から、どんどんハードにしていきましょう。

 

放置プレイ

そして、女性の不安を一番煽ることができるのが放置プレイです。

特に縄で縛った拘束プレイとバイブ責め、目隠しなどこれまでのプレイと合わせて、しばらく放置しておくことで女性は強い快感と不安を同時に感じることができます。

そして、上手く放置プレイができていれば放置を解くと、涙と鼻水を垂らしながらすがってくる女性を見ることもできます。

そうなれば調教もしっかりとできていると考えて問題ありません。