凄腕ナンパ師になるまでの道のり!現役ナンパ師が100人斬りした方法とは

ナンパテクニック

ナンパで女性とセックスまでたどり着くのは非常に難しいです。

一度でもナンパをしたことがある人なら身をもって感じたことがありますよね。

私もナンパを始めた頃は、声をかけるのも恥ずかしくいつも周りの視線を気にしていました。

そのため、ナンパを初めて数ヶ月は女性とセックスすることができませんでした。

「何のためにナンパしてんねやろ」と思うようにもなっていました。

 

しかし、今ではナンパだけでも経験人数が100人を超えました。

いわゆる100人斬りを達成することができたのです。

その中には当然、知り合った当日にセックスをする『即』というのも何度も経験しています。

連絡先を交換して、後日会ってセックスする『準即』がメインですが。

なぜ私がここまでの凄腕ナンパ師になれたのかまとめていきます。

 

そもそもナンパ師とは

先ほどからナンパ師という言葉を何度も使っていますが

「そもそもナンパ師って何?」

って思っている人もいるかもしれません。

まあ文字通りなんですけどね。

 

決まった定義はありませんが

ナンパをしている人=ナンパ師

だと考えてもらって問題はありません。

そのため、あなたが今からナンパを始めればあなたもナンパ師なのです。

あなたも是非ナンパ師になってみましょう。

 

ナンパ師ってチャラいの?

ナンパ=チャラい

っていうイメージを持っていませんか?

私は持っていました!

ナンパを始めるまでは自分とは違う世界だろうなと考えていました。

 

しかしいざ自分がナンパを始めてみて、いろいろなナンパ師に出会うことで

見た目がチャラい人はそれほど多くありません。

※もちろん何人かホストみたいな人もいましたが。

むしろ「なんでこんな人が」っていうぐらい真面目そうな見た目の人も結構います。

私もどちらかというと真面目に見えるタイプです。

 

あなたの見た目がチャラくなくても大丈夫です!

イケイケじゃなくても問題ありません。

ナンパには誠実系というのもあるので、あなたの長所を活かすようにしましょう。

 

凄腕ナンパ師になるまで

今でこそナンパでの経験人数が100人を超えました。

凄腕ナンパ師と言われる最低限のラインは超えていると考えていいでしょう。

そんな私でもナンパを始めるまでは、街中で歩いている人に自分が話しかけられるようになるとは思っていませんでした。

私がナンパ師として、ここまで成長できた軌跡を簡単に紹介していきます。

 

21歳まで童貞だった

こんな自分ですが21歳まで童貞でした。

彼女は何人かできたことあったんですけどね。

セックスするまでには至らなかった感じです。

20歳を超えてからは、さすがにヤバイ!ってなりました。

大学を卒業するまでに童貞を卒業しないと

とりあえず焦っていました。

 

そのため、いろいろ行動してみることにしました。勇気を出して。

  • 街コン
  • 合コン
  • 出会い系

その頃にナンパを始める勇気はまだありませんでした。

 

童貞を捨てることができたのは、出会い系に登録したことがきっかけです。

「出会い系って怪しいな」

と思っていたけど、とりあえず始めてみると意外とすんなりと出会うことができたのです。

これにはびっくりしました。

出会い系を使っている女性って意外と普通な子が多いです。

そこで出会った20歳の女の子で童貞を捨てることができたので

そこからどんどん『出会い』というものに前向きになれたのです。

 

童貞を捨てる一番簡単な方法を紹介しておきます!

童貞は出会い系で簡単に捨てられる!最短2日でセックスする方法を暴露

 

出会い系で口説き方を研究

次に行ったことが出会い系で経験を積むことです。

童貞は捨てれたものの、女性との接し方が得意なわけではありません。

そのため、まずは女性を口説く練習をしました。

ナンパできた時も口説き方を知らないと、せっかくの出会いが無駄になるからです。

 

出会い系はナンパと比べて圧倒的に簡単です。

  • 声をかける必要はなく
  • LINEも交換しやすい
  • ブサイクでも会える

そして出会い系に登録している女性は

「ある程度いい人ならセックスしてもいい」と考えている人がほとんどです。

それを利用して、まずは口説く回数を増やすことが大事になります。

 

ポイント

これって結構大事です!

  • どこで飲むのか
  • 何時から飲むのか
  • ホテルに誘う口説き文句は
  • ホテルまでの行き方は

こういったことを全て計算しておくことで、セックスまでの成功率は全く違ってきます。

それを出会い系で先に練習しておくのです。

 

 

私が実際に利用している出会い系サイトを紹介しておきます。

おすすめ出会い系ランキング!俺がセックスできたサイト・アプリはこれだ!

 

ストリートナンパに挑戦

出会い系である程度経験を積むと、ようやくストリートナンパに挑戦です。

はっきり言うと、出会い系とは難易度が段違いでした。

めちゃくちゃむずい!

先ほども言ったように、声をかけるのがしんどかったです。

これは舐めてました。

 

出会い系はメールやLINEでのやり取りですし、相手もある程度こちらに興味を持っています。

しかしストリートナンパは全く違います!

自分に興味がない女性に声をかけて、飲みに行くあるいはLINEを交換するというステップを踏まなければなりません。

ただ、これも結局は数をこなすしかないってことに気づきました。

 

もちろん闇雲にやってもダメなので

  • どの声かけが一番反応がいいのか
  • どうやったら足を止めて話を聞いてくれるのか
  • 飲みに誘うのかLINEを交換するのか
  • どこで飲みに行くのか
  • ラブホへの誘い方

こういったものを全て研究しながらナンパをしていくことが非常に重要なのです。

 

落とすパターンを見つける

こういったことを研究していくと

「こうすればホテルまで行けるな」

という自分の口説くパターンを見つけることができます。

必勝パターンですね!

 

そのパターンを見つけることができれば、あとは簡単です。

それを繰り返しながら応用していくだけですから。

そうすることで、どんどん経験人数は増えていきます。

ほんと自然と増えていきますよ。

 

ナンパ師は会話の技術が上手いというイメージがありますよね。

でもそれだけじゃなくて、ホテルまでの動線もしっかり考えておく必要があるのです。

計画性ですね。

つまり、女性が「楽しくて身を任せていたらホテルにいた」

と感じさせるのが上手いのが凄腕ナンパ師なのです。

 

まずは出会い系で経験を積め

何度も言うように、いきなりストリートナンパを始めるのは非常にハードルが高いです。

舐めてたら痛い目見ます。ほんと。

女性との話し方や距離の詰め方などがわからないまま、ナンパを始めても傷つくだけです。

誰にも相手をされずに時間の無駄になってしまうことがほとんどでしょう。

 

そうならないためにも、まずは出会い系で多くの女性を口説くことが重要になります。

飲み→ホテル

までのパターンを作れていれば、ストリートに出れば

声かけ→LINEを聞く→飲みに誘う

までのパターンを作るだけなので、ナンパに出てもすぐに結果を出しやすいでしょう。

 

しかし、口説き方を知らないと

声かけ→LINEを聞く→飲みに誘う

ここまでできても、この先のセックスするまでにまた研究しなければなりません。

これってすごく効率悪いですよね?

せっかくナンパで食事まで行ったのに。

 

そのためにも、まずは出会い系で経験を積むことが大事になります。

出会い系で口説く練習をして、パターンを見つければ凄腕ナンパ師なんて目の前です。

最後に、私が実際に利用している出会い系サイトを紹介します。

おすすめ出会い系ランキング!俺がセックスできたサイト・アプリはこれだ!