【欲求不満女子へ】目的別で欲求の原因と解決法を徹底分析

女性向け

女子だって欲求不満になることがありますよね。セックスしたいって思うこともあります。

これは何も男子だけの気持ちではないはずです。

そんな時の原因はどのようなものなのか、そしてどのように解消すればいいのかまとめていきます。

 

欲求不満の原因

欲求不満が原因でセックスしたくなるには大きく2つの理由があります。

 

セックスの頻度が少ない

恋人や夫がいても欲求不満になってしまうことがあります。

それはセックスの頻度が少ないことによって、寂しい気持ちを拭えなかったり愛を感じられなくなった時です。

女性はセックスをすることで安心感を得られ、その男性からの愛情を受け取ることができます。

そのため、カップルにおいてセックスの回数が少ないというのは欲求不満に直結してしまうのです。

 

セックスの快感が欲しい

そして、もう一つの欲求不満の原因がセックスの快感が得られていないということです。

たとえ恋人がいたとしても、彼があなたのことを気持ち良くできなければ、セックスをしていくたびに欲求不満が大きくなっていきます。

特に、元彼と比較して今の彼のセックスが下手くそだった時に、余計にそのように感じてしまいます。

女性は快感の強さと愛の強さが繋がりやすいので、セックスの快感が少ないとどうしても欲求不満を抱えてしまうのです。

 

オナニーで欲求不満は解消できる?

セックスしたいという欲求を解消するために、オナニーをするという選択肢があります。

 

根本的な解決にはならない

オナニーで一時的な寂しさの解消や、快感につながりますが、それは一時的なものでしかありません。

やはり男性と肌を重ねてセックスをするのと、自分の手や機械でオナニーするのとは精神的な部分が全く異なります。

そういった意味でもオナニーで欲求不満を解決するのは根本的な解決にはつながらないのです。

 

イキやすくなるメリットはある

ただし、彼のセックスが下手くそだったり、セックスの快感が知りたい女性にとってオナニーは良い面もあります。

女性の身体は開発すると言われるように、経験を踏んで徐々に快感が強くなっていくものです。

そのため、オナニーで快感を知ることで自分の身体をある程度開発することができます。

ただし、オナニーをしすぎると自分の手でしかイケなくなる危険性もあるので、やりすぎには注意してください。

 

女性にとってのセックスの重要性

男性にとっては自分の溜まった欲を吐き出すイメージが強いセックスですが、女性にとってはそうではありませんよね。

 

精神が安定する

セックスにはオキシトシンという物質を分泌する作用があり、これが不眠症などの改善につながります。

また、それ以外にもエンドルフィンなども分泌されることで、強く幸福感を感じることができます。

これは快感が強いほど、分泌されていくので、気持ちのいいセックスをすることでより精神的に安定させる作用があるのです。

 

気持ちが満たされる

それ以外にも強い快感を感じることで、「愛されている」と強く感じるようになり気持ちが満たされるようになります。

女性の多くは承認欲求が満たされていません。

その理由としてSNSで、他人からの「いいね!」を欲してしまうのです。

しかしセックスをすることで、このような承認欲求を満たされ、日常で飢えている欲求不満を自然と解消することができます。

 

恋人とセフレのセックスの違い

欲求不満を解消するに当たって、あなたの欲求によって恋人とセフレのどちらとセックスをすればいいのか違いがあります。

 

恋人とのセックスは心が満たされる

自分の好きな人である恋人とのセックスは、肌を重ねるだけで心が満たされるものです。

そのため、セックスの頻度が少なくて欲求不満を抱えているのであれば恋人を作るのがいいでしょう。

そうすることで、好きな男性とセックスすることができて気持ちが満たされていきます。

 

セフレとのセックスは快感が強い

セフレとのセックスは恋人とのセックスと違って心が満たされるということはあまりありません。

それよりも体が満たされる面が強いのです。

恋人とのセックスは恥ずかしさや照れがあって「〇〇って思われたらどうしよう」ってセックスに没頭できないことがあります。

しかし、セフレとのセックスはこのようなことを気にしなくていいので、快感に集中することができます。

そのため彼氏とのセックスではイケなくても、セフレとのセックスではイケたという女性も数多くいます。

そのため、セックスの快感に対して欲求不満な女性は、彼以外の男性とセックスしてみて快感に集中できるようなセックスをしてみましょう。