「ちょうどいいブスのススメ」と聞いて改めて思った!セフレはちょうどいいブスが一番都合がいい

彼女・セフレの作り方

2019年の1月からちょうどいいブスのススメというドラマが始まります。

※批判によりタイトルが「人生が楽しくなる幸せの法則」に変更したそうです。

これは原作はエッセイで、それがドラマ化されるらしいのですが、内容は恋愛哲学や恋愛メソッドが書かれています。

 

私は原作を読んだことはありませんが、このタイトルを読んで一番最初に思ったことがあります。

「セフレにするならちょうどいいブスが一番都合がいい!」ということです。

すごい唐突ですけどね。

ちょうどいいブスっていうのは、やっぱり需要がそれなりにはあるよな〜って感じたんですよ。

たぶんですが「ちょうどいいブスのススメ」には、セフレなどという生々しい表現は出てこないかと思います。

それでも今回はちょうどいいブスがセフレとしてなぜ都合がいいのか説明していきます。

 

可愛いセフレはしんどい?

「セフレにはちょうどいいブス」と言いましたが、じゃあ可愛い顔をした女の子をセフレにするのは都合が良くないのでしょうか。

別にそんなことはありません!

やはり可愛い女の子とセックスをするからこそ得られる快感もありますし

誰しもが自分のタイプの女の子とセックスしたいものです。

私も可愛いセフレをいっぱいキープしたいです!切実に!

しかし、可愛い子や美人をセフレにするには落とし穴もあります。

 

気を使う

そもそも皆さんが作りたいセフレってどのような存在ですか?

  • 自分の欲望を全部ぶつけられる
  • 都合がいい時に呼び出してセックスする
  • 一緒にいてめんどくさくない

だいたいこのようなものでしょう。

 

美人というのは、そのほとんどは学生時代からチヤホヤされて過ごしてきました。

そうすると自然と自分の都合のいいように進めないと気が済まない、わがままに成長していきます。

そんな子をセフレにしてしまうと、セフレとしてキープしておくためにどうしても気を使ってしまいます。

これは私の経験から言って間違いありません。

 

自分がやりたいプレイがあっても相手の様子を伺ってみしまったり、可愛い子には好き放題のプレイがなかなかできないのです。

それではセフレの意味がありません。

セフレには欲望のままをぶつけられる関係であることが一番重要なのです。

 

惚れてしまう危険性も

恋愛は惚れた方が負けとよく言いますが、これは間違いなく事実です。

そして当然ながらこれはセフレという関係性にも当てはまります。

セフレを作る大前提として、セフレに惚れてはいけません!

もちろん人として好きであることは大事ですが、異性として惚れてしまってはダメなのです。

 

女の子がセフレを作る理由は大きく2つです。

  • その男が好きだけど付き合ってくれないから体の関係だけ
  • 寂しいけど彼氏彼女の関係はめんどくさい

つまり、男側がセフレに惚れてしまうと、どっちみちセフレの関係性を保つことができなくなってしまうのです。

そのため、セフレには絶対に惚れてはいけません。

 

まとめ

可愛いセフレを作ることは問題ではありません!
しかし、これら二つのことを必ず注意しておくことが大事になります。

  • 気を使わないでいい関係にする
  • 絶対に惚れない

 

セフレにはちょうどいいブスが一番いい理由

それではなぜセフレにはちょうどいいブスが一番いいのか、実際にセフレにしてみて感じたメリットは3つです。

  • 自己評価が低い
  • 気を使わなくていい
  • 別に疎遠になってもいい

 

自己評価が低い

一般的にブスな女の子は自己評価が低く、自分よりも相手を優先する傾向にあります。

そのため、セフレにしておくことで何でも言うことを聞く女に調教しやすいのです。

セフレには普段のノーマルなセックスだけでなく、いろいろやりたくなってしまいます。

  • オモチャを使う
  • アナルを開発する
  • 調教してみる

そういった時に自己評価が低い女の場合、非常にやりやすいのです。

 

気をつかわなくていい

可愛い子や美人と話す時と、ブスと話す時では緊張度や言葉の選び方は自然と違いますよね。

これはセックスでも同じことで、可愛い子が相手だとどうしてもカッコつけてしまうのが男の性です。

ただ、私たち男がセフレを作るのは自分が気持ちよくなりたいからなはずです。

そんな時に気を使ったセックスをしてしまうと、せっかくセフレまで関係を持ってきたのに非常にもったいない。

そういった意味でちょうどいいブスをセフレにすると気を使わなくていいので、自分の欲望をそのままぶつけることができるのです。

 

別に疎遠になってもいい

正直、ちょうどいいブスをセフレにすることはそれほど難しくありません。

当然ながら可愛い子をセフレにする方がよっぽど難しいでしょう。

そういった意味でちょうどいいブスのセフレが一人いなくなっても、次のセフレを作ればいいだけです。

そのため無理に関係を長引かせる必要はないのです。

 

もちろんセフレが一人もいない人は、その一人を大切にしてしまいます。

しかし、「お前なんていなくても問題ない」ぐらい余裕を持って接する方が、セフレ関係は長続きしますよ。

まあ、少しめんどくさくなったらバッサリ関係を切れる。

これもちょうどいいブスをセフレにするメリットと言えるでしょう。

 

ポイント

ちょうどいいブスをセフレにすることで、何よりも自分の欲望に忠実になれます。
普段隠れていた本能みたいなものが出てきます。
そうすると本当にバカみたいな、猿みたいなセックスをすることができるのです!
これはオススメなので、ぜひ経験してみてください。

 

まとめ

  • セフレには自分の欲望をぶつけたい
  • ちょうどいいブスなら遠慮しなくていい
  • ちょうどいいブスはセフレ化が簡単

ちょうどいいブスをセフレにする理由は大きくこの3つです。

ただ、可愛い子をセフレにした時というのは、それは別の快感があるのも事実です。

それでもセフレにする難易度や関係がより長く続くのはちょうどいいブスの方でしょう。

そのため、まずはちょうどいいブスのセフレを何人か確保しておくことで可愛いセフレを作っていくのが一番でしょう。

 

ちょうどいいブスのセフレを量産する方法

まずはちょうどいいブスをセフレにしよう!

今回の記事で言いたかったのはコレだけです。

私に対して「じゃあお前はセフレがいるのか?」って気になりますよね。

こんな記事を書くぐらいですから当然います!

これを書いている2019年1月の段階で4人キープしている状況です。

ついでに、これまで50人以上はセフレ関係になってきています。

もちろん入れ替わり立ち代わりですが。

 

現在の4人のセフレを紹介すると。

  • ちょうどいいブス(顔面偏差値45〜55ぐらい)が2人
  • 普通に美人が1人
  • 惚れるぐらい可愛い子が1人です。

すごいバランスいい感じですね。

 

では、どのようにしてセフレを量産しているのか。

それは出会い系を使っているからです。

出会い系は私みたいな冴えないサラリーマンでも簡単にセフレを作ることができます。

 

その理由はイケメンより、信用できそうな人が選ばれるからです。

出会い系での出会いは女性も当然ながら不安を抱えています。

そのため、「この人なら会っても大丈夫そうかも」と思わせることが大事なのです。

それさえできれば、相手も出会いを求めているのでホテルまで連れて行くのは難しくありません。

 

セフレを量産したいなら出会い系サイトを利用しない手はないのです。

また、登録すると無料ポイントをもらうことができるので、まずは登録だけでもしてみてください。

ちょうどいいブスのセフレなんて飽きるほど作れますよ!

私が使っている出会い系はハッピーメールなので、ぜひ利用してみてください。