彼氏に処女を捧げるべき?やっぱり面倒くさいの?彼女が処女だった男の本音とは

女性向け
Pocket

初めて彼氏ができたけど、処女だから不安!

そういった女性は多くいます。

確かにネットの情報では男の本音としては「処女って面倒くさい」という意見も出てきます。

それ以外にも、「本当にこの人に処女をあげていいのか…」と悩んでいる人もいると思います。

妥協して付き合った彼氏なら余計にそう考えるはずです。

今回はこれまで何人も処女の女性とセックスをしてきた男として、そのように悩んでいる女性に男の本音を伝えたいと思います。

 

彼女が処女だった時の男の本音

女性としては彼氏ができても、自分が処女であることを告げるのってちょっと恥ずかしいですよね。

「もし重たいって思われたらどうしよう」って悩んでいる方もいるでしょう。

まずは彼女が処女だった時の男側の本音を説明していきます。

 

初めてで嬉しい

彼女側としてはやはり処女であることを喜んでくれるのは嬉しいですよね。

男としても、自分の彼女が処女だった場合「自分が初めての男になれる」と思って喜ぶ人もたくさんいます。

私も自分の彼女が処女だったら毎回喜んでいました。

やっぱり男としては、自分が好きな人の一番になりたいというのは一般的な考えではあるでしょう。

 

しかし、この考えを持つのは本気であなたが好かれている場合でしょう。

彼氏が真面目な人で、あなたを本気で好きである。

そうあなた自身が感じている場合は処女だったら喜んでくれるでしょう。

本気で好きな人なら処女でも面倒くさいとか一切思いません。むしろ大喜びでしょう。

あなたが彼氏のことを好きなら、ぜひ処女をもらってもらいましょう。

 

ポイント

彼氏が本気で好きかどうかの簡単な見分け方!

  • 一度目のセックスの誘いを断ってみる

この時の反応、その後の対応を見ると男の本音が隠れています。

 

 

処女は面倒くさくて嫌だ

処女を喜ぶ男がいる一方で、面倒くさいと感じる男も一定数いるのが事実です。

これはどちらかというと遊び感覚や軽い気持ちで付き合っている男に多いでしょう。

 

やはり本気で好きな人の処女はもらいたいけど、それ以外の女性の処女は面倒くさいと感じてしまうものです。

実際に初めては上手く挿入できないこともありますしね。

 

軽い気持ちで付き合うということは、セックスがしたくて付き合うという意味が大きく含まれています。

セックスするとき、処女の女性にはかなり気をつかわないといけません。

処女の女性ですと一回目のセックスで男性側が射精するまでに至らず、不完全燃焼で終わってしまうことも多々あります。

軽い気持ちで付き合っている男にとって、そういった面がどうしても煩わしく感じてしますのです。

 

ポイント

「この人軽いかも」って思ったら一度考えてみてください。

一生に一度の処女は、あなたが処女である男性とすることを強くお勧めします。

 

 

彼氏に処女を捧げるデメリットとは

彼女が処女だった場合の男側の本音は、大きく分けて「嬉しい」か「面倒くさい」しかありません。

当然喜んでくれる男性と付き合えたらいいですが、必ずしもそうとは限りませんよね。

女性としてはやっぱり恋愛経験が豊富な男性に惚れてしまうこともあります。

 

そういった時にその男性に処女と告げるべきなのか。

またその男性に処女を捧げていいのか悩んでしまいます。

そのため彼氏に処女を捧げるデメリットをまとめていきます。

 

経験不足だとかなりの痛みも

セックスというのは、経験人数や回数などによって男のテクニックは大きく左右されます。

経験が少ない彼氏だとAVを参考にして、ガシガシと乱暴にしてしまうことがあります。

これは非常に多いので注意してください。

 

これは事実ですのでしっかりお伝えしますが、経験が少ない男性はセックスが下手くそな確率が非常に高いです。

自分もそうでしたし、友人に聞いても必ず「今の方が確実にうまい!」と言います。

 

もちろん下手なことが悪いことではありません。

しかし、処女のあなたにとっては初めてのセックスが痛い思い出しかなければ残念です。

嫌な思い出になってしまいます。

初セックスに失敗して気まずくなって別れる

というのも稀にありますからね。

もちろん、ペニスを挿入する時に痛みが出てしまうのはある程度仕方ありませんので、そこは理解しておきましょう。

 

しかし、経験が少ない男性は女性の膣を濡らさないと挿入できないというのを知らない人も結構います。

そのため、乾いたまま無理やり入れようとしてしまうこともあります。

経験不足な彼氏だとかなりの痛みを伴う可能性もあるので覚悟しておきましょう。

ポイント

痛みが怖いようであれば、経験豊富な男性に処女をもらってもらうのも一つの手です。

 

面倒くさがられる

これは先ほど書いた処女とのセックスを面倒くさがる男のことです。

いざセックスする時に面と向かって面倒くさがられるのってすごいショックを受けると思います。

男はセックスのことになると露骨に顔に出ますからね。

 

また、これからの人生でセックスというのは非常に重要な生活の一部になっていきます。

そんな初体験を嫌な思い出にしてしまうのは非常に良くありません。

最悪の場合、セックスが嫌いになってしまう可能性もあるので、処女を面倒くさがる男に捧げるのはやめておきましょう。

どれだけあなたが彼のことを好きでも、処女をめんどくさがるような男とはやめましょう。

後々、後悔する方も多くいます。

 

彼氏以外に処女を捧げる選択肢もあり

彼氏に処女を捧げるデメリットを挙げました。

しかし、理想は大好きな彼氏に処女をもらってもらうことです。

これは当然ですよね。

でも世の中はそんなに理想に溢れていません。

  • 経験不足な彼氏で心配している
  • 軽い感覚で付き合っている彼氏に悩んでいる

このようなことで悩んでいる女性は非常に多くいます。

 

そういった方は彼氏以外の男性に処女を捧げる選択肢もありなのです。

初めてのセックスで痛い思いをするなら、経験豊富な男性とセックスするのもあり。

初めてのセックスで嫌な思い出になるなら、あなたを本気で愛してくれている男性とセックスするのもあり。

そういった女性は新たに男性との出会いを探してみましょう。

そうすることで、あなたの悩みも解決するはずです。