【セックスの体位】目的別 48手ランキングで得意な体位を見つけよう

セックステクニック・調教

皆さんは48手という言葉をご存知ですか?

セックスの知識が豊富な方であれば、知っているかと思いますが有名な48種類の体位のことを指します。

有名とは言いますが、やったことがない体位や見たこともない体位も結構あるので、勉強になります。

セックスをするときは基本的に正常位、バック、騎乗位がメインで、そこに座位が加わるぐらいでしょう。

しかし、その中でもいろいろな種類があり、そういったものをまとめたものが48手です。

今回はその48手で、どのような体位がいいのか、目的別でランキング形式で紹介していきます。

 

女性が喜ぶ体位

セックスをしていれば「女性を喜ばせたい!」という気持ちは必ず湧いてくるものです。

そんな時にどのような体位がいいのか紹介していきます。

女性はセックスをする時に密着するのを好むので、そのような体位がメインになります。

 

襷掛け (たすきがけ)

襷掛けとは、このように正常位の体位で男性が上にのしかかるような体位になります。

この時体位は女性が腕や足を絡めて、しがみつくことができるので、男女ともに愛を感じながらセックスすることができます。

また、キスしながら動くことができる体位でもあるので、女性でこの体位を嫌いな人はいないでしょう。

 

抱き地蔵 (だきじぞう)

抱き地蔵とは、座位の状態で密着しながら動く体位で、激しくというよりはキスをしながらねっとりというイメージになります。

ベッドの上でやると男性はもたれるものがなく、辛いものがありますがソファーの上ではやりやすい体位になります。

男性が下から突くこともできれば、女性が上で動ける体位でもあります。

 

本茶臼 (ほんちゃうす)

本茶臼とは、騎乗位の体位で女性が男性の上にのしかかるような体位になります。

襷掛けの男性と女性が逆になる感じです。

この体位も密着しながらキスをすることができ、男性から抱きしめることで女性は喜びを感じることができます。

また、背中に手をまわすだけでなく、お尻を触ったりすることもできるので、男性も楽しむことができる体位です。

 

女性を中イキさせる体位ランキング

先ほどは女性を喜ばせる体位を紹介してきましたが、この体位が必ずしも女性に大きな快感を与える体位ではありませんでした。

セックスというのは、いきなり激しくするのではなくムードを作りながら徐々に激しくしていくのが理想です。

そのためにも、まずは女性を喜ばせる体位で動き、盛り上がってきたところで女性を中イキさせる体位に移るのがお勧めです。

 

敷き小股 (しきこまた)

敷き小股は寝バックとして知られている体位で、女性がべったりと体を寝かしている状態でペニスを挿入します。

この体位はペニスがGスポットに当たりやすく、ダントツで女性が中イキしやすい体位になります。

また、女性が股を狭めることでクリトリスが刺激することができたり、締まりが良くなることで男性も気持ち良くなれる体位です。

今までにない反応を得られるぐらい気持ちのいい体位になるので、ぜひ試してみてください。

 

深山 (みやま)

深山は正常位の体位から女性の足をあげて男性の方にかける体位を言います。

女性が足を上げることによってペニスがGスポットに当たりやすくなることで、中イキしやすい体位になります。

また、男性の体重を上からかけることで奥深くまで入りやすい体位にもなっています。

そして、締まりが良くなることで男性も気持ち良くなれるのでお勧めです。

 

松葉崩し (まつばくずし)

松葉崩しとは、女性を横向きにして足を広げたところにペニスを挿入する体位になります。

横向きから挿入されることで、女性は正常位やバックとは違う気持ち良さを感じることができます。

また、奥深くまで挿入できる体位でもあり、角度の調節もしやすいのでGスポットを狙って突くこともできます。

 

男性が気持ち良くなる体位

ここまでは女性のための体位を紹介してきましたが、ここからは男性が気持良くなれる体位についてです。

「体位で男の気持ち良さって変わるの?」って思う方もいますが、体位によって女性の締まりは変わってきます。

それによって男性の気持ち良さも大きくなっていったり、ペニスのどこに刺激が当たりやすいかによっても変化します。

 

達磨返し (だるまがえし)

達磨返しとは、正常位の体勢のまま足を閉じる体位になります。

女性が足を閉じることで、膣の締まりが非常に良くなります。それによってペニスの刺激も強くなるので男性が気持ちいい体位なのです。

また、挿入の深さも自由に変えやすく、ペニスのカリが気持ちいい場合は浅めのピストンでも強い刺激を得ることができるのです。

 

敷き小股

敷き小股、寝バックは女性が中イキしやすい体位にもなりますが、男性が気持ちがいい体位にもなるのです。

敷き小股は足を閉じることで膣の締まりが良くなることでペニスへの刺激も強くなります。

また、女性が気持ち良くなることで膣の動きも活発になるので、それによって男性の気持ち良さも相乗効果が得られるのです。

 

つぶし駒掛け (つぶしこまかけ)

つぶし駒掛けは、バックの体位で上半身をペタンとベッドにくっつけたまま、お尻だけを上げた体位になります。

この体位も膣の締まりが結構強く、ペニスへの刺激が強くなります。

また、それ以外にもアナルが丸見えの体位になることや、征服欲が満たされることで精神的にも気持ちのいい体位なのです。